「腰がつらい」「脊柱管狭窄症」「ヘルニア/坐骨神経痛」など腰の痛みや脚に出る「痛み・しびれ」について・・

ヘルニア,狭窄症,腰が痛い,足がしびれる,葛飾,整骨院

 

「画像でしらべるとヘルニアがある・・」

「背骨の間がせまくなっている・・」

 

「腰が痛い。神経痛で足まで痛くてしびれもある・・」

「ヘルニアで神経を圧迫されてるから・・」

 

このようにお悩みの方は多いと思います。

 

しかし最近の研究では腰が痛くない健康な人でも画像検査でヘルニアがあることが確認されています。

 

要するに、「画像で確認できるようなヘルニアや狭窄」は実際の症状とはほとんど関係ないことがわかってしまったんです。

 

本当にこわい真のヘルニアは

・運動不全

・感覚麻痺

・筋力低下

・排尿排便障害

 

を合併するきわめておもい症状がでます。

(このときにはじめて手術が必要になります)

 

実際には原因は特定できる腰痛は全体の約1割程度。

そのほかの腰痛は「非特異性腰痛」という「原因が特定できない」ものなんです。

 

そこには「生活環境やストレス」などの要因が関係しているといわれています。

 

⇓詳しくはこちらをご覧ください。

参考文献

 

 

「当院では筋肉の手当てを主におこなっています。」

 

体を動かすのは骨ではなく筋肉です。

骨の歪み(ずれ)をおこすのも筋肉です。

 

体にはたくさんの筋肉があって全部が骨についています。

 

ひとつの筋肉のつよい緊張は、その筋肉がつく骨を引っぱります。

 

それが背骨であれば、背骨はその方向へ引っぱられます。

これまで専門家はこれを「ゆがみ」と表現しました。

 

ただしここで重要なのは「ゆがむことが悪いことではなく、ゆがみはあって当然」ということ。

 

私たちには利き手・利き足があり、内臓も左右バラバラでとくに重い肝臓は右側にあります。

 

このように体はもともと「左右が非対称」なんです。

 

また、それぞれの仕事や生活スタイルによって「体の使いかた」もちがいます。

 

しかしあまりにもかたよった体の使い方がつづくと、そこではじめて「違和感→痛み」として感じるようになります。

 

 

結局は「使いすぎる部分(強い筋肉)」と「使えていない部分(弱い筋肉)」がかたよってしまい、体のバランスが極端にくずれることが根本の問題なんです。

 

当院ではそれぞれの体にあわせて、「かたくなった筋肉」をゆるめ、「弱い筋肉」を強化するエクササイズの指導をさせていただき全体的な調整をし対応します。

 

 

※一般的には「腰痛=腰がわるい。」と考えられがちですが意外にも脚や背中の筋肉、お腹の筋肉がかかわっています。

 

◆ぜひ一度「ひだまり整骨院」の「本格整体」を体験してみてください。

 当院が自信を持っておすすめする「本格整体」はこちら

 

 

※ぎっくり腰などの「急性腰痛(お怪我)」には「健康保険」が適用できます。

 

腰がつらい,腰痛,東京,葛飾,整骨院