~診療案内~

  ■■受付時間■■

月~金】

午前9時~12時00分

午後2時30分~7時00分

 

【土】

 午前9時~12時00分

 

※最終受付は午前午後ともに診療終了の30分前

 

 <定休日> 木・日祝

その他、夏季、冬季、講習会等による臨時休診あり。

 

※「出張整体」などで急遽休診となる場合があります。ご了承ください。

 

・ ・・・・・・・・・・

【ご予約】は

予約フォームまたは「電話/院内受付」にて承ります。

・・・・・・・・・・・

03-6657-7417

 

mail:

info@hidamari-

bone.com

 

<営業カレンダー>

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

~アクセス~

〒124-0012

東京都葛飾区立石4-7-1

ハイム立石101

 

⇓地図はこちらをクリック 

詳しい地図はこちら

  

※営業販売等、各業者の方へのお願い

 

当院ではすべての電話営業・FAXは業務の妨げとなるためお断りしています。

御用の方は必ずメールにてご連絡ください。

 

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

当院のホームページはJIMDOでつくっています⇓⇓⇓

「膝が痛い」「水がよくたまる(関節水腫)」「変形性関節症」などの『膝の痛み・不調』について。

膝の痛みをひき起こす要因にはまず「筋肉の問題」(主に太ももの筋肉)があげられます。

 

特に「変形性膝関節症」や「O脚」といわれる方は、太ももの外側の筋肉である「外側広筋:がいそくこうきん」を酷使して体重を支えています。

 

これは立位や歩行時に力が外に逃げてしまい、本来体重を支えるべき膝下の骨の「脛骨:けいこつ」ではなく、それよりもか細い「腓骨:ひこつ」で支えてしまっていることに起因します。

 

外側に力が逃げてしまうことで「股関節は外に開いていき」脚全体は次第に「弓なりの変形」を見せるようになります。

 

さらに「過度に疲労し硬くなった筋肉」が本来の機能を発揮できなくなると、一番の負担を強いられるのが「膝関節」です。

 

しかしたとえ変形性膝関節症で膝の変形があったとしても、「機能低下した筋肉の問題を解決」することや「正しい重心をとる訓練」などにより症状の緩解は十分に期待できます。

 

結果「膝に水がたまりやすく」抜いてもまたすぐにたまってしまう方の場合、膝だけを診ていたのでは根本的な回復は期待できません。

 

これを「対症療法」といい、症状のある「部分」しか見ずに「本来考えるべき根本的な問題」にフタをしてしまっているといえるでしょう。

 

さらに膝関節の問題には「股関節」や「足関節(足首)」の問題が関わっていることが多いため、これら「膝関節以外の関節」に対してアプローチすることも大切です。

 

膝は股関節と足関節の間に位置する関節です。そして股関節や足関節の動きに付随して機能しています。

 

本来「膝関節」は「スクリューフォームムーブメント」という「正しい運動軸」で動かなくてはいけません。

 

これが股関節や足関節の歪み(クセ)の影響を受け破綻してしまうことで膝関節に痛みを覚え、進行すると水がたまることにもつながってしまいます。

 

特に「O脚」「X脚」「外反母趾」の方はその影響を強く受けてしまうでしょう。

 

*当院では根本的な原因のアプローチに重点を置き、痛い所や症状の出ている所はあくまで「他の何か」をかばって出た結果であると考え臨床にあたっています。

 

 

◇膝の痛みや不調でお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

 

 

☆変形性膝関節症など「慢性的な膝の痛み」にオススメのコースはこちら

 

※スポーツや日常生活で「転んで膝を捻った」「ぶつけた」などのお怪我には「健康保険が適用できます」。 

 

膝が痛い,水がたまる,関節水腫は葛飾区ひだまり整骨院で
変形性膝関節,階段がつらい方は葛飾区立石ひだまり整骨院で