~診療案内~

 

 ■■受付時間■■

月~金】

午前9時~12時00分

午後2時30分~7時00分

【土】

 午前9時~12時00分

※最終受付は午前午後ともに診療終了時間の30分前。

 

・ ・・・・・・・・・・

【ご予約】は

予約フォームまたは「お電話/院内受付」にて承ります。

・・・・・・・・・・・ 

 

~休診日~

木・日/祝)

その他 夏季、冬季、講習会等による臨時休診あり。

 

03-6657-7417

info@hidamari-bone.com

 

~アクセス~

〒124-0012

東京都葛飾区立石4-7-1

ハイム立石101

☑詳しい地図はこちらからどうぞ

  

*院長のブログ*

~臨床症例の考察や私的なことをご紹介しています☆

http://ameblo.jp/hidamari-bone

 

↑「目からウロコ」の情報がたくさん!!

ぜひ覗いてみてください♫

 

~営業販売等、各業者の方へのお願い~

※当院では「商品の販売」「ホームページ制作や勧誘」などの電話営業・FAXは業務の妨げとなるためお断りしています。

ご理解とご協力の程お願いいたします。

 

*よくある疑問・質問*

~今までにこのようなことはありませんでしたか?

・治療院に腰が痛くて通っていたけど、毎回腰だけをもんでもらってました。それで本当に良くなるのでしょうか?

【このケースでの当院の考え】

◆腰は一見頑丈そうにみえますが、実は首と同様に筋肉主体で支持される弱くもろい所です。

 

そのため「腰痛」の対処としては、腰だけではなく胸椎(きょうつい)や肋骨(ろっこつ)の可動性、お尻の筋肉の硬さや股関節のクセ・動き、太ももの筋肉の柔軟性など症状のある「腰以外の部位」を精査・考慮することが大切です。

 

また、日頃の姿勢のクセからくる「腹圧の低下」や背骨を支持する「インナーマッスル」の機能評価も重要です。そのほかに「内臓器の疾患」や「心因的ストレス」が腰痛を出すケースもあるため、それぞれ一人ひとりの生活環境や過去・現在の病気や怪我の既往歴も大切な情報源になります。

 

・近所のマッサージに「寝違え」で行ったら首をグイグイもまれて余計に痛くなってしまった。「寝違え」はもんだらダメなんですか?

【このケースでの当院の考え】

◆「寝違え」や「ぎっくり腰」の急性のケガでは無理に動かしたり揉んだりは禁忌であることが多く、特に「炎症」や「熱感」が出ている場合、まずはアイシングやテーピング、サポーター等で患部の安静鎮痛をはかることを重視します。

 

また、筋肉に急激な緊張がある場合が多いため、これを手技療法により緩解させ患部の体液循環を整えます。亜急性期や慢性期では関節や神経の損傷の有無を確認し、安全であれば患部の柔軟性を高めさらに循環改善を促すよう対処していきます。

 

・つらくて行ったのに特に詳しい問診もなくベッドに寝かされ電気・マッサージで終わってしまい「なにが悪くてどうしたら良くなるのか?」わからないまま通っていた。

【このケースでの当院の考え】

◆上記のような流れは基本的にはリラクゼーション主体の治療院で多く見受けられます。

 

体におこる痛みや不調は、全体との調和を乱してしまった結果生じるため、その原因と考えられる問題点を動きの検査や詳しい問診などから洗い出すことが重要です。

 

そして日常生活を含め、それぞれの問題点についてはこれを正していく生活習慣指導などをあわせて治療していくことが大切であると考えます。

 

・肩こりや腰痛について質問しても「姿勢が悪い」「運動不足」「年齢のせい」など月並みな答えしか返ってこない。

【このケースでの当院の考え】

◆これについてはそこで話を終わりにせずに「それならばどうすれば良いのか?」という対処法を当院ではお伝えしています。

 

一人ひとりがご自身の体の使い方のクセや特徴を把握することで、「ぎっくり腰」や「寝違え」などの不意におこる怪我をはじめ、「肩こり」や「腰痛」などの「慢性的な不調」にもご自身で対処しやすくなります。

 

当院では専門家として患者さん一人ひとりに合った対処法をわかりやすくお伝えし、アフターケアをはじめその先を見据たサポートにも重点をおいています。

 

*当院では毎回院長が責任をもって対応します。

東京都葛飾区立石 本格整体 ひだまり整骨院 イメージイラスト 

◆当院では毎回責任を持って院長が対応させていただきます。

 

尚、現在「予約優先制」を一部導入し患者様の「スムーズなご案内」の実現にあわせ、「より満足感と質の高い施術を提供できる環境づくり」にも力をいれています。

 

東京都葛飾区立石 整体 ひだまり整骨院 イメージイラスト